自作 釣り餌

こんにちわ生ハムメロンです
まだインフル中で外出はできませんが、明日になれば外に出ていいようです。
なので釣りにでも行こうかと考えています。
自分の場合はまったりと釣りをしたいのでルアーはあまり使わずエサ釣りばかりなんですが、
エサって高いですよね
それに素手で触ると臭いし
おまけに買いに行くのはめんどくさい
よく言われるいわゆる釣具屋さんで売っているエサの代用としては魚肉ソーセージやスーパーで売っている魚の切り身なんかもありますが、自分が使ってみた感想としては「普通に餌買ったほうがまし」です。
それぞれメリット・デメリットはあるのですが、簡単に言うと「釣れないのでやめたほうがいい」っていうことです。
全く釣れないかというとそうでもありませんが、一応魚は寄ってきます、あたりもあります、じゃぁなんで釣れないのか?
それは、エサ持ちが悪すぎるから!!です
エサ持ちというのは、エサの耐久度みたいなことで、針に餌をつけて水中に入れてからどれだけエサが針についてに残っているかということです。
さっきも言いましたが魚肉ソーセージでもアタリはあるんですよ実際、ただ食いついてくれる前にエサが外れてしまうのでなかなか釣れずに終わってしまうというのがほとんどなんです。
自分はボーズでもあまり気にしないほうですが、せっかくつついてくれるまでの魚がいるんでしたら釣りたいと思いますよね?
なので今回はエサを作ってしまおうという結論に達しました
まず材料です

キャン・ドゥ 薄力小麦粉(100円でこんなに買えるなんて驚きました)
卵1個
まるちゃん だしの素(かつお)
我らがイチビキ つゆの素

こいつをボールに移します

出来ました、分量は完全に適当です
これに少し水を加えつつ混ぜていきながら粉の量も調整していきます

いい感じですね。
早速試したいところですが、今日は外に出たらダメと言われているのでおあずけになります
外もすごい雪が降っているのでやめたほうがよさそうです
このエサでの釣果はまた次回に

釣り

Posted by reameatmelon