コードを作ろう

こんにちわ生ハムメロンです
今回はタイトルの通りコードを作ってみようと思います
楽器をやってる人なら馴染みもあるかも知れませんが、今まで音楽は聴いていただけの人たちにはあまり聞きなれない言葉ですよね。
しかし、このコードというのが曲作りにおいてかなり重要な役割を果たしてくれます
まぁ役割についてはまた別の機会に話すとして、今回はコードのあぶり出しの仕方だけにしましょう(あとコードネームも)

前回に言った通り私は曲作りはC(短調ならA)から始めますので長調のCと短調のAについてお話します
長調のC(Cメジャーとか単にCと呼びます)の場合に使う音(スケール)は
CDEFGABでしたよね
それぞれ一つずつコードを作っていきます
コードのつくり方は簡単で起点の音(ルート音)からスケール内の音を一つ飛ばしで音を足して3つの音にするだけです
たとえばCの場合CからDを飛ばしてE、Fを飛ばしてGでCEGの音を同時に奏でればCのコードになります
では全て同じ要領でコードにしてみましょう
C D E F G A B
E F G A B C D
G A B C D E F
はいこれでCメジャーでの曲のコードが出そろいました
しかしこれらをすべてCのコードだとかDのコードだとかいうとそうではありません
これからコードネームをつけていきましょう
一度12個すべての音を見てみましょう
C C# D D# E F F# G G# A A# B C
ですね。Cを基準にすれば長調(メジャー)Aを基準にすれば(マイナー)です
これにさっきのコードを当てはめてみます
一つ右に行くと半音ずつ上がるので
CからEまで2音EからGまで1音半上がっているのがわかりますこれがC(メジャー)のコードとなります
次にAのコードを当てはめると
AからCまで1音半CからEまで2音となりますねこれがAm(Aマイナー)のコードです
起点から2音から1音半がメジャー
起点から1音半から2音がマイナーです
では全て当てはめましょう
C Dm Em F G Am あれ?
Bはどっちにも当てはまらないじゃないか?と思った方はさすがです
BだけはBm(-5)ビーマイナーフラットファイブというコードになりどちらにも当てはまりません
コードというのは
ルート音を一度としスケール内の音を右に行くごとに2度3度という上がり方になります
つまり1度3度5度の音でできているわけです
この場合のBのコードだと他のコードでは5度の音がルート音から3音半上がっているのに対し、
Bのコードだけ5度の音が3音しか上がっていないため(-5)という表記になります
ちなみにAmの曲を作る場合でも全く同じコードで作ることが出来ますよ
これがCとAmでのダイアトニックコードと呼ばれるものになります
それではまた

音楽

Posted by reameatmelon